ワードプレスの初期設定


【2020年3月更新】

新しいワードプレスのサイトを立ち上げてから記事を書き始める前にやっている初期設定を並べてみました。

※万能テーマを使っている人はいらないヤツです。

書いておかないと、忘れる。

【最重要】「パーマリンク」を設定する

パーマリンクとは、記事のURLのことです。

ワードプレス管理画面 → 対象サイトのダッシュボード → 設定 → パーマリンク設定

後日変更しようとするとリンク切れを起こしたり、404見つかりませんエラーが起こりまくるので、非常に大事!

絶対、忘れないようにする!!

私はいつも「投稿名」で、理由は↓。

タイムゾーン、日付、時刻のフォーマットを決める

ワードプレス管理画面 → 設定 → 一般 → タイムゾーン、日付のフォーマット、時刻のフォーマット

ブログ村など日本時間でpingを送りたい先がある場合は、タイムゾーンは「東京」が無難。

日付のフォーマットは「Y-m-d」だと構造化データなどに展開しやすいので無難。同じ理由で時刻は「H:i」が無難。

プロフィールをチェック

ワードプレス管理画面 → ユーザー → プロフィール情報

テーマによっては構造化データがエラーになっちゃうので、取り敢えず書いています。

ファビコンの設定

ブログのブランディングというと大げさですが、ロゴやサイトアイコン(ファビコン)をつける事が出来ます。

ファビコンに関しては設定しておくに越したことはない気がします。

内部リンクのコメント通知が来ないようにする

管理画面 → 設定 → ディスカッション → デフォルトの投稿設定 → 投稿中からリンクしたすべてのブログへの通知を試みるのチェックを外す。

サイト説明文

ワードプレス管理画面 → 設定 → 一般 → キャッチフレーズ

構造化データエラーを防ぐためには書いておいた方がいいのですが、サイトデザイン的に削除していることが多いです。

プライバシーポリシーを設定

ワードプレス管理画面 → 設定 → プライバシー → プライバシーポリシーページを変更する

ワードプレスのインストールが終わった時点で自動のテンプレ下書きが出来ていました。

個人的には、アドセンスの為に作った自前のプライバシーポリシーを使っていますが、その場合は、フッターウィジェットに手差しします。

「テーマ」の追加、選択

「テーマ」とは、他のブログでは、テンプレート、デザインなどと呼ばれている、サイトデザインのテンプレートをセットにしたものです。

既存のテーマでいい場合、

管理画面 → 外観 → 有効化 ※子テーマを作る

新しいテーマにしたい場合、

管理画面 → 参加サイト → サイトネットワーク管理 → テーマ → 新規追加

新しいテーマが公式テーマでない場合、

管理画面 → 参加サイト → サイトネットワーク管理 → テーマ → 新規追加 → テーマのアップロード

「子テーマ」をつくる

「テーマ」(=親テーマと呼ぶ)が更新された時に、個人がカスタマイズした部分がなくならないように「子テーマ」を作って修正箇所を分離します。

プラグインの設定

プラグインというのは、デフォルトでは足りない機能を補うためのプログラムを追加する機能です。

あまり入れ過ぎると重くなってダメなのですが、私が使っているのは下記の通り

  • Jetpack (Akismet)
  • GDPR Cookie Consent
  • Contact Form 7
  • Table of Contents Plus
  • Yoast SEO
  • Redirection
  • AMP

Jetpack

ブロガーに必要なお便利機能が42機能もついているプラグインですが、実際に使っているのはAkismetとアクセス集計データぐらいです。

GDPR Cookie Consent

欧州在住なので、つけておきました。

「お問い合わせ先」を設定

アドセンスの都市伝説で、「お問い合わせ先情報がないと審査に落ちる」というのがあったので、取り敢えずつけています。

Table of Contents Plus

目次を入れるプラグインです。SEOにもいいので、いれています。

Yoast SEO

最近は「SEOのプラグイン」の使用については否定的な意見が多いので、ご自分でじっくりGoogle先生に教えてもらうのが良いと思いますが、私は「Yoast SEO」を使っています。

プラグイン公式ページ:「Yoast SEO

私がこのプラグインにやってもらっているのは…

全て「function.php」に追記できるのですが、正直言って面倒くさいから、プラグインを使った方がシンプルだと感じます。

この他、Yoastメタボックスも使って、メタディスクリプションやSNS自動更新なども行っていましたが最近はやめています。ブログをはじめたばかりの人は見てみるといいかもです。

※個人的に強引なアクセスアップを重視していないため上記のような設定にしているので、おすすめ設定は他所で探してください。

外部サービスとの連携

個人的に設定したことがあるサービスは下記の通り。

  • Googleサーチコンソール
  • Googleアナリティクス
  • Googleアドセンス
  • Twitter (Facebookも)
  • ブログ村

Googleサーチコンソールの認証・連携

Googleサーチコンソールは、元々ウェブマスターツールと呼ばれていたように、サイト管理者がサイトやページのサービス状況を確認できる無料ツールです。

  • Google検索での表示、クリックスルーなどの統計
  • URL検索でのインデックスステータス確認・登録依頼
  • XMLサイトマップの登録
  • 速度テスト、AMPテスト、モバイルユーザビリティーテストの各種パフォーマンスチェック

無料ツールですが、サイトオーナーの確認・認証ステップが必要で、新しいドメインを登録したい場合は左側。既存のドメインのサブディレクトリやサブドメインを登録したい場合は場合は右側。

サーチコンソール、認証

ドメイン登録の場合は、レンタルサーバーのDNS管理画面に指定された情報が必要です。

Colorfulboxでサーチコンソールのサイト認証

カラフルボックスのドメイン追加の時のみ

Colorfulboxのアカウントにログイン → ドメインタブ → DNSの管理 → DNSマネジャーのDNSゾーンで対象ラインの「ゾーンの編集」(ゴミ箱の隣)

カラフルボックスでサーチコンソールにドメイン登録

Googleアドセンス設定

とても有名な広告ツール。

デスクトップ版自動広告とAMP自動広告を使っています。

Googleアナリティクス設定

これまたとても有名なアクセス分析ツール。

アクセス量に関心がなさ過ぎて、最近連携するのを止めていますけど、たぶん、必須連携先だと思われます。

SNSとの連携

個人的にはしてないです。以前使っていたのは、TwitterとFacebookです。

  • 新ドメインを取得
  • 新ドメインのメールアドレスを取得
  • サーバーを借り、DNSを設定
  • ワードプレスのインストール
  • ワードプレスのマルチサイトを設定する
  • Pingの送信先追加を可能にする
  • メディアファイルの最大アップロードサイズ変更

Pingの送信先設定

管理画面 → 設定 → 投稿設定 → 更新情報サービスにpingをコピペ

ブログ村とかにはいる場合のみ。

最後に

最後の方の雑さが凄い。スタミナ切れ。

抜け漏れは随時追加していますが、まだ抜けている部分があるかも。

最後までお読みいただきありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です