イギリス人スタッフが、日本本社のカウンターパートが英文契約書の句読点まで細かく直してくると、うんざりしておりました。

駐在員あるある?

そして、こういう案件に対する私の回答がテンプレ化してきました…

日本で日本人が日本語にエラーを出すと、信用されなくなってしまって、大きな契約や大事な仕事を任せてもらえなくなるからキャリアの死活問題なんだよね。結果的に誰も母国語文書でミスをしなくなって、逆に間違える人は新人扱いされちゃうんだよ。日本人は英語が下手だから、普段やり取りしている下っ端の日本人に慣れちゃうと、信じられないかもしれないけど、母国語リテラシーの水準が高いから、日本に重要な資料を出す時には、英語でもそれなりのリテラシーを持った人をつけてくるから、気を付けた方がいいよ。

真実かどうか、汎用性が高いかどうかは別として、効き目は高いです。

ふふふ。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

おすすめ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。