【ネタバレなし】ミッション: 8ミニッツ、レビュー

現代設定で、宇宙も超能力もタイムトラベルもなしにここまでSF出来るのは、なかなか腕がいい感じ。

基本情報

原題Source Code
邦題ミッション: 8ミニッツ
タイプSF
公開日2011年10月28日
監督ダンカン・ジョーンズ
脚本ベン・リプリー
原作者ジェイク・ジレンホール、ミシェル・モナハン、ヴェラ・ファーミガ、ジェフリー・ライト
おすすめ度3.5 (1~5点)

トレーラー

あらすじ

目を覚ますと電車の中で見知らぬ女性から話しかけられ、気付いたら別人になっている。

まもなく電車の爆発し、現実に引き戻されると軍事施設の中で、ソースコードというソフトウェアの中でこの爆発の次の爆発を阻止すべく犯人捜しを指令を受けて、再度シミュレーションの世界に引き戻される。

感想

シリアス風のトーンでありながら、優しさと柔らかさを持つ仕上がりが大変好ましい。

最初はワケが分からず戸惑いますが、それは主人公も同じ。混乱する主人公と共に徐々にいろいろなことを知っていき、主人公と共にその世界を救いたいという気持ちを育てて行けた稀有な作品です。

脚本、世界観

ごく普通の電車内の光景ですが、1回のシミュレーションが8分という制限を持っているためか、スピード感があります。

この8分を何セットも重ねることになるのですが、プロットがよくできていて、主人公の感情、軍事基地内の人物描写、電車の乗客の人物描写が犯人捜しのループを重ねるにつれて少しずつ明らかになっていく感じが、上手く織り込まれています。

SFにありがちな設定に対する論理破綻もエンディング以外には見受けられず、よく出来ていました。

エンディングのウラの意味に気づかなければ、清々しい出来だと思われます。

登場人物

流石、ジェイク・ジレンホールといったところでしょうか? しっかり主人公に感情移入出来ました。

周りのキャストに超有名豪華俳優はいないモノの、丁寧かつ魅力的に描かれた人物像をそれぞれ好演していて、粒ぞろい。

ガハハっと笑うような場面はありませんが、微笑ましい雰囲気です。

アクション・ラブ

アクションも、ラブも、作品にふさわしい薄味ですが、すごくいい塩梅です。

バランスが整っています。

最後に

レビューを書くにあたって、邦題を調べてがっかりしました。

原題の『Source Code』もイマイチですが、邦題の『ミッション8ミニッツ』が全然魅力的に響かないと感じるのは、私の日本語力が落ちているからでしょうか?

変な題名には似つかわしくない優良なSFだと思うので、なんとももったいないです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です