「外こもり」を諦めたワケ

物価が安い新興国に移住してひきこもり生活を送る「外こもり」。早期リタイア後の生活の1つの可能性として検討しましたが、断念しました。

理由は、「避暑型」の外こもりが成り立ちそうになかったからです。

暑い国は苦手です。日本は夏だけで済みますが、年賀年中暑い国に住めそうにないです。

スタンダード型「外こもり」はアジア諸国

ネットに溢れている「外こもり」情報は、ほとんどがアジア諸国です。

タイが人気っぽかったのですが、地球の歩き方のタイの気候によれば、熱帯で年中暑いみたい。

他の国々も似たり寄ったり。こりゃだめだ。

避暑型「外こもり」は存在しない?

北半球・南半球ともに避暑にもなりそうな「外こもり」候補地を探してみたのですが、日本から果て遠く航空券代が高かったり、ビザが取りにくかったりする上、比較的安全で物価が安いところが見つかりませんでした。

避暑なら北海道が最有力候補地です。

外国人目線では「北海道」はかなり神秘的で、私もなんか影響されて憧れちゃっているのですが、一応日本なので、同じリージョンだからプレステを買い直さなくて済むし、素晴らしい。

素の気候って大事!

「外こもり」というからには、外が熱くてもクーラーの効いた家に籠っているからいいのでしょうけれど、熱くて年中夏バテのインドから、クーラーがない家が多いイギリスに引っ越したら快適すぎて、素の気候が涼しいとこが一番だと思うようになりました。

素の気候が過ごしやすい場所を選ぶことができるのって、最上の贅沢に思えてなりませぬ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください