ワードプレス、「サイト言語」がlang属性と連動


テーマ依存かもしれないですが、HTMLの宣誓文のLang属性は、設定の言語から取得しているみたいなので、海外生活中に日本語のサイトを起こす場合は、設定変更を忘れないようにする。

ダッシュボード → 一般 → 一般設定 → サイトの言語 → 日本語 → 保存

ワードプレス、サイト言語

管理画面が英語なのは問題ないのでほっといたら、「html宣誓文のlang属性が『html lang=”en-GB”』でミスマッチを起こしている」と、サーチコンソールから指摘されましたので、変更。

ちなみに、サイト言語を日本語に変えると、ja版(日本語版)のワードプレスをインストールするように提案してもらえるようになる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です