UKはクワーティーで、フランスはアザーティー。

クワーティーのスペルはQWERTY。アザーティーのスペルは、AZERTY。

スペルを教えてもらっても、私はまったくピンときませんでしたが、それはキー配列の事でした。

QWERTYは、私がこれまでの人生でずっと使ってきたキー配列です。

Azerty fr
Wikipedia、「AZERTY配列」より引用

「AZWERTY」は、初耳でした。

「A」がちょっと遠いところにあって使いづらそう…

日本も含めて4か国に住みましたが、見かけたこともありません。運が良かった。

国やメーカーによって記号などの端っこのキー配列が微妙に違うのは知っていましたが、ローカル言語によっても違いがあるのですね。

というわけで、よく見かける、「なにそれ?、おいしいの?」っという表現を使ってみたかっただけの記事でしたww

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

おすすめ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。