国際引っ越し直後はホテル暮らしで、ホームシックにかかります。

イギリスでホテル暮らしの現在、インドの自宅が恋しいという変なホームシックにかかっています。

そして、「ホームシック」なると何故か行きたくなるのが「スタバ」です。

インドにいる時は「Costa」にしか行っていなかったのに、不思議なものです。

イギリスの「スタバ」のトイレは広々していますが、汚い。

それ以外の店内の雰囲気、香り、味が世界中どこでも安定しているところが、「ここ知ってる!」感を醸しているため、なんとなく落ち着くんだと思います。

これって、あるある?

イギリスでは「Costa」の方が人気?

周りのイギリス人はCostaの方が好きっぽいです。

私には味の違いは分かりませんが、「Costa」はイギリスのコーヒー屋さんで、「スタバ」はアメリカのコーヒー屋さんだから、実は現地の人の味の好みが反映しているのかな?

欧州大陸側には「アメリカーノ」が存在しない

欧州大陸側へ出張の際も、必ずスタバに行きたくなります。

これは雰囲気に慣れないというより、普通のお店で「アメリカーノ」を注文しても大抵「ダブルエスプレッソ」が出てくるので、結構つらいからです。

イギリスでは、アメリカ同様、アメリカーノはアメリカーノ。

ちゃんとエスプレッソをお湯で薄めたコーヒーが出てきますから、国内出張の時はイタリア料理店以外は、どこで飲んでもOKです。

日本のスタバ

久しぶりに、本帰国したら、スタバに行きたくなりました。

日本でもホームシックにかかるって、どうなんだろう?

海外生活あるある?

最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。