カテゴリー
ワードプレスの初期設定

Yoast SEOで「XMLサイトマップ」の生成

このブログは引っ越して小さくしたので、Googleの基準では「サイトマップの登録が不要な小さいサイト」という事になりますが、惰性で登録を続けています。

【2020年3月更新】

「XMLサイトマップ」は、検索エンジンにサイト内のページ、画像、動画などの各ファイルの関係を伝えるために登録します。

参考資料:Google、Search Console ヘルプ、「サイトマップについて

↑たまに読み返すとスタンスが微妙に変わっていて興味深いです。

2020年3月現在、サイトマップを登録した方がいいサイトとそうでないサイトについて詳細なアドバイスがありました。

当ブログでは「投稿」ページを対象に、プラグイン「Yoast SEO」を使ってXMLサイトマップを作成し、サーチコンソールに登録しています。

Yoast SEOでの設定法

SEO → 全般 → 機能 → XML sitemaps → On → 変更を保存

プラグインYoastでXMLサイトマップ設定

これで、サイトマップが生成されるので、↑の赤枠のはてなマークをポチッとすると、説明文が表示されますから、そこからXMLサイトマップへURLを辿れます。

YoastでXMLサイトマップのURLを探す

個人的には、投稿ページのサイトマップだけを登録しています。

Yoast、投稿のXMLサイトマップ

上が「投稿」のXMLサイトマップ、下が「固定ページ」のXMLサイトマップです。一つ上の階層の「domain.com/sitemap_index.xml」を登録してもいいハズです。

他のページは、「インデックスしない」設定にしているので、上の画面上では2つしか出ていませんが、出そうと思えばもっとたくさん作れますw

XMLサイトマップを全部有効にしてみた

検索エンジンに登録

最後に上でコピーしたXMLサイトマップのURLを検索エンジンに登録しにいきます。

参考URL「Google Search Console」、「Bing Webマスターツール

最後に

このブログはごちゃごちゃなったので、引っ越して小さくしました。冒頭にて引用したGoogleの基準では、「サイトマップの登録が不要な小さいサイト」という事になりますが、惰性で登録を続けています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

作成者: のろのろ

ゲーマーで、トレッキーに片足突っこんでいる、SF好きの、雑記ブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です