海外駐在員には変な人が多い?

海外赴任の着任後、3年経っても船便のダンボールの開梱を半分ぐらいしか終えていない先輩がいらっしゃいました。

開けなかった箱は丸ごと捨てて帰国するつもりの様です。

ビックリ!

日本出国時は9箱

独身、一人暮らしで、日本出国時の引っ越し荷物は段ボール9箱分だったそうです。

私も他の先輩も9箱でしたので、独身駐在員の標準的な荷物量でしょうか?

なんとなく必要そうに思われる物だけを荷物に詰めて、書籍や趣味のコレクションなど生活に必須でないものは実家に置かせてもらっているそうです。

本当に必要になったものだけ取り出す方式

この先輩、赴任から3年たっても開けていない箱がまだ半分ぐらいあるとのことでした。

「生活に必要そうだと思ったものを詰めたんだけど、意外と要らないモノが多いことに気づいちゃった。」とおっしゃっていました。

衣類などローカルで新しいモノを買っちゃった方が手っ取り早いとの事でダンボールの中の要らなくなってしまったものは、敢えて出さないでいるそうです。

いやいや、馴染みすぎでしょ。

開梱しなかったものは要らないモノ

「箱から出さなかった物は、いらない物だから、そのまま丸ごと捨てて帰る。」との潔さにホレボレ。

帰任までの5年間使わなかったものは、絶対に要らないモノだけど、捨てる前に段ボールを開梱して中を見ちゃうと、捨てられなくなりそうだから敢えて見ないでそのまま捨てるつもりのようでした。

私ともう一人の同僚は、無闇にすぐさま全て箱から出したい派。

目をキラキラさせて、羨望の眼差しでその話を伺っていました。

ミニマリストっぽくて憧れます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。